東京電力福島第1原発=7日午前

 東京電力福島第1原発の処理水を巡り、菅義偉首相は7日、全国漁業協同組合連合会(全漁連)の岸宏会長と官邸で面会し、放出決定への理解を求めた。岸氏は改めて反対を伝達。菅首相は会談後、記者団に「近日中に判断したい」と述べた。政府は会談内容を踏まえ、13日にも関係閣僚会議を開く方向で調整している。

 菅首相は、海洋放出に対し地元で強い反対があると記者団に質問され「福島県には、そういう意見が多いと認識している」と答えた。

 岸氏によると、菅首相は面会で、処理水に関し「海洋放出が確実な方法であるという専門家の提言を踏まえ、政府の方針を決定していきたい」と話したという。

無断転載・複製を禁じます