シダレザクラを見て回る参加者=小矢部市八講田の日蓮宗本叡寺

 小矢部市北蟹谷花と緑の友の会と北蟹谷公民館の「桜を愛(め)でる会」は5日、同市八講田の日蓮宗本叡寺などで開かれ、約30人が地元の桜の名所を訪ねて地域への愛着を深めた。

 日蓮宗総本山身延山久遠寺(みのぶさんくおんじ)(山梨県)のシダレザクラにちなみ、本叡寺境内には約100本が植えられており、例年より約1週間早く満開を迎えている。参加者は、北蟹谷花と緑の銀行の川原俊昭頭取の案内を受け、大きく枝を広げた桜の姿に歓声を上げた。

 本叡寺は北蟹谷地区の地名の由来になった「化け蟹伝説」の舞台としても知られ、参加者は寺の歴史も学んだ。

 臼谷八幡宮や北蟹谷公民館のソメイヨシノなども巡った。

 友の会の河原吉一会長は「地元の桜を間近で見て回り、ふるさとの歴史も学ぶ機会になってよかった」と話した。

無断転載・複製を禁じます