2年ぶりに町内を巡行した住吉神社の山車=輪島市鳳至町

春の訪れを祝う舞を披露する神職=輪島市河井町

 輪島市の曳山祭(ひきやまさい)は2日目の5日、桜の花飾りで彩られた住吉神社(鳳至町)の山車(だし)が2年ぶりに町内を巡行した。重蔵神社(河井町)では宵宮と春到来を祝う神主舞(かんぬしまい)が行われ、市街地は祭りムードに包まれた。

 住吉神社では、祭りに奉仕する古当(こうとう)組「鳳令翔会(おおとりれいしょうかい)」の山岸浩幸(ひろゆき)会長(40)と新当組「鳳心輪会(おおとりしんわかい)」の北島佑介会長(39)が、高さ約5・8メートルの山車に乗り込み、境内を出発した。コロナ禍で中止となった昨年の巡行を担う予定だった古古当(こうこうとう)組「鳳神楽会(おおとりかぐらかい)」の会員も運営を手伝った。

  男衆のみ参加

 今年の巡行は密集を避けるため、子どもたちの参加は見送り、男衆のみで山車を引いた。巡行時間は例年の半分となる2時間に削減し、町内約2・2キロを練り歩いた。北島会長は「巡行を心待ちにしていた住民の思いを胸に、町を盛り上げることができてよかった」と喜んだ。

 重蔵神社では午後から宵宮が行われ、境内に展示された山車が注目を集めた。拝殿では、神職や男衆が春の訪れを祝って舞で飛び跳ねる「神主舞」が披露された。最終日の6日は、重蔵神社の山車が午前8時20分に出発し、河井町を巡行する。

無断転載・複製を禁じます