石川県は5日、新たに新型コロナウイルス感染者5人を確認し、新たなクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。

 新たに感染が確認されたのは、金沢、白山、野々市、羽咋の各市と県外在住の10代~70代の男性4人、女性1人。県内の感染者数は累計1957人となった。

 新規感染者の1人と既に公表の5人は、県内で合宿していた。県は、新たなクラスターが発生したと認定した。県によると、合宿は1週間程度で、感染が確認されたグループには10人が参加していた。10人全員が県外で、感染した6人を除く4人のうち、2人は既に県外に帰っており、残る2人は陰性だった。

 新規感染者のうち、残る3人は既に公表された感染者の濃厚接触者または接触者で、1人は感染経路が分かっていない。

 5日現在、県内で治療中の患者は62人。うち重症者は1人となっている。

無断転載・複製を禁じます