親子の人気を集めた乗り物「トレーン」=射水市の県民公園太閤山ランド

 射水市の県民公園太閤山ランドは20日、本格営業を再開し、園内を周遊する乗り物「トレーン」やボートが訪れた親子の人気を集めた。昨年のオープン初日は雨天や新型コロナウイルスの影響を受け、1660人の来園にとどまったが、好天に恵まれた今年は6260人に増え、順調なスタートを切った。

 トレーンなど園内の一部は昨年12月2日から冬季休業していた。3カ月半ぶりの営業開始に合わせ、春のオープンフェスタが開催され、トレーンの出発式で、くす玉割りが行われた。トレーン2台のうち、2003年に導入した「たいこうやまトレーン」は老朽化しており、4月に新車両が登場する。

 オープンフェスタは21日まで。駐車場は今月末まで無料となっている。

無断転載・複製を禁じます