桜の開花を目前に、船旅を楽しむ観光客や住民=富山市の松川

 富山市の桜の名所・松川の観光遊覧船は20日、開花前の限定運航を始めた。穏やかな陽気の中、観光客や地元住民がつぼみが膨らんだソメイヨシノの並木を眺めながら、ゆったりと船旅を楽しんだ。

 いたち川との合流地点から舟橋まで約1・2キロを30分ほどかけて往復した。金沢市長田町小4年の中西亮太君は「桜はまだだけど、川沿いにたくさん花が咲いていてきれいだった。また乗りたい」と笑顔を見せた。

 開花前運航は21日も予定している。23日午後1時半に発船式を行い、桜のシーズンに合わせた本格運航を始める。強風や雨の場合は運休となる。気象情報会社ウェザーニューズ(千葉市)は、松川べりの桜の開花を24日、満開は30日と予想している。

無断転載・複製を禁じます