福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」

 東京五輪の聖火リレーを巡り、大会組織委員会は、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)で25日に実施する出発式を無観客とする方針を固めた。大会関係者が9日、明らかにした。

 組織委は新型コロナウイルス対策のため、沿道に加え、関連式典でも観客の密集回避を徹底する必要があると判断した。出発式は参加者を関係者や招待客に限り、一般客を入れない方向で調整していた。

 聖火リレーは福島県を出発し、7月23日の五輪開会式まで全都道府県を約1万人のランナーが走る。組織委の示した感染症対策によると、観客には居住する都道府県以外での観覧を控えてもらうように促す。

無断転載・複製を禁じます