全国の私立幼稚園が加盟する「全日本私立幼稚園連合会」(東京)で、数億円に上る使途不明金が生じていることが9日、文部科学省関係者への取材で分かった。連合会は弁護士らによる調査を実施しており、9日に各都道府県の私立幼稚園団体に対して詳細な調査結果を説明する。関係者によると、使途不明金は少なくとも3億円余りとみられる。

 私立幼稚園関係者によると、連合会では昨年11月、当時の会長の香川敬氏(69)が会長職を辞任。同12月には連合会から各都道府県団体に、使途不明金が生じているとの説明があった。

 香川前会長は、山口県防府市で幼稚園を運営する学校法人の理事長。

無断転載・複製を禁じます