中国全人代で活動報告する栗戦書常務委員長=8日、北京の人民大会堂(新華社=共同)

 【北京共同】中国で開かれている全国人民代表大会(全人代=国会)で8日、栗戦書常務委員長(国会議長)が立法活動を振り返る報告を行い、海警局に武器の使用を認めた海警法の制定は、習近平国家主席の「強軍思想」を貫徹するためのものだと説明した。

 海警局は2018年に軍の最高機関である中央軍事委員会指揮下の武装警察に編入されている。栗氏の報告も海警局の軍事的な性格に明確に言及した形だ。

 栗氏は2月施行の海警法などの各種法律により「領土や国民の安全に法的な保障を提供した」と説明。他国からの対中制裁や内政干渉などに対抗する法整備で「困難に対処しリスクを防ぐ」と述べた。

無断転載・複製を禁じます