石川県は7日、同日朝までに新型コロナウイルスの検査83件を行い、すべて陰性だったと発表した。県内の感染者ゼロは昨年11月28日以来、99日ぶりとなる。

 7日現在、県内で治療中の患者は64人。うち重症者は5人となっている。

 県は、県内の新型コロナウイルス感染状況が落ち着いてきているとして、7日、金沢市片町地区の飲食店に対する営業時間の時短要請を予定通りに終了する。一方で、発出中の「『飲食』『若者』感染拡大特別警報」は当面の間、継続する。

 県内では2月前半にクラスター(感染者集団)が多発し、県は2月12日に飲食・若者感染拡大特別警報を出し、同22日に片町地区の飲食店に時短営業を要請した。

無断転載・複製を禁じます