柔道のグランドスラム(GS)タシケント大会は5日、ウズベキスタンのタシケントで開幕して男女計5階級が行われ、女子52キロ級で東京五輪代表の阿部詩(日体大)が優勝した。初戦の2回戦から3試合を全て一本勝ちで勝ち上がり、決勝はモンゴル選手が棄権して不戦勝だった。実戦は昨年2月以来。

 男子60キロ級の永山竜樹(了徳寺大職)は決勝で元世界王者のエルドス・スメトフ(カザフスタン)を優勢で破った。女子57キロ級の玉置桃(三井住友海上)は決勝でコマツに所属する連珍羚(台湾)に一本勝ちした。

 女子48キロ級の角田夏実(了徳寺大職)は決勝で一本負けした。(共同)

無断転載・複製を禁じます