5日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=107円台後半で取引された。早朝の海外市場では一時、約8カ月ぶりの円安ドル高水準となる1ドル=108円台を付けた。

 東京市場の午前10時現在は前日比73銭円安ドル高の1ドル=107円88~89銭。ユーロは05銭円高ユーロ安の1ユーロ=129円09~13銭。

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が討論会で、米長期金利上昇への対応策に踏み込まなかったことで前日の米長期金利が上昇。日米の金利差拡大を背景に、円を売ってドルを買う取引が先行した。

無断転載・複製を禁じます