家庭から出されたごみ袋に入っていた手付かずの食品(京大環境保全センター提供)

 世界各国の家庭から出る食品廃棄物の量は2019年には年間5億7千万トン近くあり、これまでの推計値の約2倍に上るとみられるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が4日、発表した。日本の家庭からの食品廃棄量は年間約816万トンで1人当たり64キロと推計され、日本政府の推計値783万トン(2017年度)より多い。UNEPは「この中には食べられる食品も多く含まれ、削減が急務だ」と警告する。

 小売りやレストランなどを含めた総量は推計9億3100万トンで、世界の食料生産の17%が廃棄されている計算になるという。

無断転載・複製を禁じます