【ニューヨーク共同】米マイクロソフト(MS)は2日、中国政府の支援を受けているとみられるハッカー集団が、企業向け電子メールソフト「エクスチェンジサーバー」の脆弱性を悪用し、攻撃を仕掛けていると発表した。MSは顧客にシステムを更新するよう呼び掛けている。

 このサイバー攻撃を検知した米セキュリティー会社は「攻撃者は複数ユーザーのメールボックスの全体を盗み出した」と指摘している。

 MSが「ハフニウム」と名付けたハッカー集団は、エクスチェンジサーバーの四つの脆弱性を悪用して電子メールアカウントへのアクセスなどをできるようにした。

無断転載・複製を禁じます