時津風部屋での稽古で豊山(左)と相撲を取る正代=東京都墨田区(日本相撲協会提供)

 大相撲の大関正代が2日、報道陣の電話取材に応じ、春場所(14日初日・両国国技館)に向け「番付発表の時に本来なら(相撲を取らずに)調整していたりするが、今場所はもう相撲が取れている。良い流れかな」と好感触を口にした。

 この日は東京都墨田区の時津風部屋で、平幕豊山と10番ほど取って全勝だったという。部屋は師匠の交代で2月下旬から新体制での再出発となったが「伸び伸びやらせていただけている」と説明。2度目の賜杯獲得へ「優勝争いに絡めるぐらい、まずは星を重ねないと始まらない」と意欲を語った。

無断転載・複製を禁じます