新社名発表の記者会見で記念撮影に応じる(左から)マツモトキヨシホールディングスの松本清雄社長、マツキヨHDの松本南海雄会長、ココカラファインの塚本厚志社長=26日午後、東京都千代田区

 ドラッグストアのマツモトキヨシホールディングス(HD)とココカラファインは26日、今年10月の経営統合に伴い発足する持ち株会社の名称を「マツキヨココカラ&カンパニー」にすると発表した。社長にマツキヨHDの松本清雄社長、代表権のある副社長にココカラの塚本厚志社長がそれぞれ就く。子会社となるココカラは9月29日に上場廃止になる予定だ。

 売上高は単純合算で1兆円規模と国内最大手になる。インターネット通販との競合などで事業環境は厳しく、経営資源の集約で収益改善を図る。

 2026年3月期のグループ売上高1兆5千億円を目標とすることも発表した。

無断転載・複製を禁じます