26日午前の国債市場で、長期金利の指標である新発10年債の利回りが一時、前日終値と比べて0・035%上昇し、0・175%を付けた。日銀がマイナス金利政策導入を決めた2016年1月以来、約5年ぶりの高水準。

無断転載・複製を禁じます