石川県は16日、県内の男女21人が新型コロナウイルスに感染し、飲食店で新たに二つのクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。中等症が2人、軽症か無症状は19人。クラスターは県内で計37件、飲食店では9、10例目となり、いずれも金沢市内のナイトクラブとみられる。直近1週間の感染者の合計は134人で過去最多となった。

 飲食店9例目のクラスターの感染者7人は金沢、野々市両市の20~40代の女性。10例目の感染者は金沢、かほく、中能登3市町の20~50代の男女8人で、いずれも従業員と利用客らとなる。

 9、10例目の飲食店は従業員や来店客のマスク着用や消毒、検温、換気を実施しているが、飲食時にマスクを外す場合があった。

 金沢市内のホストクラブとみられる飲食店4例目のクラスターでは、同市の30代男性の感染が新たに判明した。累計は37人。同市内のキャバクラとみられる飲食店8例目のクラスターでも同市の50代男性の感染が分かり、累計11人となった。

 クラスター以外の感染者11人は、金沢、野々市、内灘3市町の20~60代の男女7人が経路不明。女子中学生を含む加賀、能美両市の10~90代以上の女性4人が濃厚接触者か接触者だった。

  富山で3人感染

 富山県は16日、富山、高岡、魚津市の20~40代の男女3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は895人となった。

無断転載・複製を禁じます