スノーモービルに試乗する来場者=砺波市五谷のとなみ夢の平スキー場

 2021となみ夢の平スノーフェスティバルは11日、砺波市五谷のとなみ夢の平スキー場で開かれ、家族連れがスノーモービルの体験試乗やそりを使ったスラロームなどで雪上に歓声を響かせた。

 フェスは雪不足で2年連続の中止となり、今年は3年ぶりの開催となった。夢の平コスモス荘前ゲレンデに特設会場が設けられた。

 スノーモービルの試乗には多くの親子が並んだ。2台がゲレンデの斜面を滑走し、参加者はスピード感を体感した。タイヤのチューブやそりに乗って滑り降りる遊びや、雪玉を9枚のパネルに当てるストラックアウトゲームなども行われた。

 山菜たっぷりのかも鍋も1杯100円で提供され、人気を集めた。フェスはスキー場を運営する五谷観光企業組合が利用者に感謝し、雪に親しむ機会を提供しようと開催した。

無断転載・複製を禁じます