自主トレに励む選手=10日午前10時15分、金沢市の県立野球場

 プロ野球・ルートインBCリーグ参戦15年目を迎えた石川ミリオンスターズが10日、金沢市の県立野球場で合同自主トレーニングを開始した。合流が遅れている1人を除く新体制の27選手が初日から精力的に体を動かし、4月の開幕へ気持ちを高めた。

 練習に先立ち、選手が三塁ベンチ付近で円陣を組み、コーチ陣が一人ずつあいさつした。指揮2年目の田口竜二監督は「何を成し遂げたいかを考え、大好きな野球に真剣に取り組んでほしい」とげきを飛ばした。その後、選手はストレッチやランニングなどをこなした。

 チームは3月上旬にキャンプを実施し、4月10日の開幕戦に備える。

無断転載・複製を禁じます