OEKと新曲「運命」を披露する龍玄さん=石川県立音楽堂

 アーティストの龍玄(りゅうげん)とし(Toshl)さんとオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)が共演する「運命 PREMIUMCONCERT」(北國新聞社共催)は5日、金沢市の石川県立音楽堂で開かれた。龍玄さんはオーケストラの演奏に乗せ、新曲「運命」などで圧巻の歌声を披露した。

 純白の衣装で登場した龍玄さんは、指揮者の原田慶太楼さん率いるOEKと共に「マスカレイド」を荘厳に歌い上げ、観客を引き込んだ。

 コンサートと展覧会のタイトルにもなっている新曲では、龍玄さんがコロナ禍の中、自ら運命を切り開いていく強さを歌に乗せて届け、力強く繊細な歌声をOEKが支えた。最後は「幸せのちから」で締めくくった。

無断転載・複製を禁じます