石川県は15日、県内で新たに新型コロナウイルスの感染者20人を確認したと発表した。県内累計は1287人となった。

 新たに感染が確認されたのは、金沢、小松、白山市、津幡町と県外に住む10代~80代の男性15人、女性5人。

 新規感染者のうち、金沢市と県外の大学生ら男性5人は、既に感染が確認されている1人とともに、成人式後などに会食していた。県はクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。

 既に確認されているカラオケ関係のクラスターの感染者は1人。残る8人は濃厚または接触者で、残る6人は感染経路不明だった。

 15日現在、県内で治療中の患者は164人。このうち重症者は最多の11人で、重症病床使用率は31・4%と初めて基準値の30%を超えた。

無断転載・複製を禁じます