石川県は7日、県内で新型コロナウイルスの感染者1人が死亡し、新たに25人の感染を確認したと発表した。過去2番目に多い感染者数。県内累計は1176人となった。

 新たに感染が確認されたのは、金沢、小松、輪島、白山、能美市、穴水町と県外に住む10~90歳以上の男性18人、女性7人。

 穴水町の石川宣雄町長が新規感染者の1人。同町で感染者が確認されたは初めて。

 新規感染者のうち4人は能美市立病院の入院患者と看護師。既に陽性と公表されている3人を含め、関係する感染者が7人となったことなどから、県はクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。

 既に確認されているクラスターでは、職場関係が1人、4日に認定されたカラオケ関係が4人。感染経路不明は9人だった。

 7日現在、県内で治療中の患者は153人。重症は最多の9人となっている。

無断転載・複製を禁じます