気象庁本庁=東京都千代田区

 【ロサンゼルス共同】米地質調査所(USGS)によると、米アラスカ州沖で21日午後10時12分(日本時間22日午後3時12分)ごろ、マグニチュード(M)7・8の地震があった。米ハワイの太平洋津波警報センターは、津波の恐れがあるとして注意を呼び掛けた。

 震源はアンカレジの南南西約842キロで、震源の深さは約10キロ。

 日本の気象庁は、日本では沿岸で若干海面が変動する可能性があるが、被害の心配はないとしている。

無断転載・複製を禁じます