「ドライブスルーファーム」を楽しむ来場者=16日午前、千葉県富津市のマザー牧場

 千葉県富津市のマザー牧場は16日、新型コロナウイルスの感染が拡大し緊急事態宣言が再発令されたことに伴い、来場者が自家用車で牧場を散策できる「ドライブスルーファーム」を始めた。コースは園内の約5キロで、アルパカやヤギといった動物や、斜面に咲き始めた菜の花を車内から見物できる。来月5日まで。

 担当者によると、昨年の緊急事態宣言を受け4~7月の期間限定で企画したところ「足が弱いお年寄りでも楽しめる」「他人と接触がないので安心」と好評だったため、再び実施することにした。料金は車1台につき3千円、二輪車やバスは入場できない。

無断転載・複製を禁じます