クロアチア戦でシュートを放つ東江=アレクサンドリア(提供写真・共同)

 ハンドボール男子の世界選手権は15日、エジプトのアレクサンドリアなどで行われ、1次リーグC組の日本は初戦で前回大会6位の強豪クロアチアと29―29で引き分け、勝ち点1を手にした。

 日本は東江(大同特殊鋼)が5得点をマークするなどして前半を17―14とリードして折り返したが、試合終了間際に追い付かれた。主将の土井(大崎電気)は「引き分けだったが、われわれにとっては歴史的な試合になったと思う」と話した。

 同組の3位までが2次リーグに進む。日本は17日の第2戦でカタールと対戦する。(共同)

無断転載・複製を禁じます