新型コロナウイルス感染症による世界全体の死者が200万人を超えたとする米ジョンズ・ホプキンズ大の特設サイト(共同)

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染症の死者が15日、世界全体で200万人を超えた。増加ペースは加速の一途をたどり、昨年9月29日に100万人を上回ってから3カ月半で倍増した。各地で医療機関が逼迫しており、被害拡大の収束に向けた見通しは全く立っていない。

 死者が10万人増えるのにかかった日数は7日と、過去最短を更新した。昨年秋以降、欧米を中心に感染が急速に再拡大。感染者は昨年9月下旬には3千万人台だったが、約3倍の9300万人にまで急増し重症者への対応が追い付いていないことも、死者増加の背景にあるとみられる。

無断転載・複製を禁じます