国土交通省=東京都千代田区

 国土交通省は15日、雪道を走行するトラック、バスの事業者に対し、冬用タイヤ摩耗などの点検を求め、悪質な違反は車両使用停止などの行政処分を出す方針を決めた。大雪による車両の立ち往生が各地で相次いだことを受け、点検を徹底させる。関連規則の運用文書を改正し、今月下旬から適用する。

 バスやトラック事業者は、異常気象などの場合、安全確保措置を取るよう義務付けられている。今後は、この措置の内容を明確化。整備管理者は冬用タイヤの摩耗を点検し、さらに運行全体の管理者が二重にチェックするよう求める。

 点検を怠り、立ち往生や事故を発生させた場合は、国交省が監査し処分する。

無断転載・複製を禁じます