井上(手前)の打撃練習を視察するソフトバンク・小久保ヘッドコーチ=福岡県筑後市

 今季から就任したソフトバンクの小久保裕紀ヘッドコーチが15日、福岡県筑後市のファーム施設を視察した。合同練習を行う新人を集めて話をするなど、初仕事を終え「出会う人によって変わる子もいる。指導する側の覚悟というか、責任重大だなと思って選手を見ていた」と話した。

 新人選手にはメモを取る習慣をつけ、空いた時間を有効活用するように伝えたという。自らの現役時代と同じ三塁手のスラッガー候補で、ドラフト1位の井上朋也内野手(埼玉・花咲徳栄高)については、「正直自分の18歳の頃よりは数段うまい。ボールを飛ばせる膝の使い方をしていた」と期待を口にした。

無断転載・複製を禁じます