打撃練習に取り組む楽天の浅村=愛媛県内(球団提供)

 昨季初のパ・リーグ本塁打王に輝いた楽天の浅村栄斗内野手が15日、愛媛県内で練習し、4年連続日本一となったソフトバンク投手陣の攻略を誓った。過去2年はソフトバンクとの対戦打率がともに1割台と低迷。オンライン取材で「それが順位、チームの対戦成績にもかなり関わっている。どうやって打っていくかがチームにとっても大事」と闘志を燃やした。

 6年連続の全試合出場に向け、まずは土台固めに下半身や体幹を重点的に鍛え抜いている。「けがをしないで一年間戦い抜くための体づくりの一つ。年々良くなっている」と成果を語った。

 今夏に予定される東京五輪で日本代表の有力候補だ。

無断転載・複製を禁じます