J1清水の新体制発表でポーズを取るGK権田(37)ら(クラブ提供)

 J1清水は15日、新型コロナウイルスの影響で複数の場所からオンラインで結ぶ形で新体制発表の記者会見を行い、来日後の隔離期間中となるロティーナ新監督は「この時間を利用して多くの試合映像を見ている。技術や戦術以上に必要なのは情熱。情熱を選手たちに伝えたい」と決意を示した。

 昨季はC大阪を率いたロティーナ監督はチーム始動後も一定期間は合流できないといい、オンラインを活用してチームづくりを進める。政府が外国人の新規入国を一時停止したことで、来日できていない新戦力のDFウィリアムマテウスはブラジルから参加し「早く自分の力を発揮したい」と心待ちにした。

無断転載・複製を禁じます