戸上隼輔=2020年1月

 卓球の全日本選手権の大会事務局は15日、男子シングルスで前回大会4強の戸上隼輔ら明大の3選手が新型コロナウイルス感染防止に関する規定で棄権すると発表した。他の明大選手1人が発熱の症状を訴え、戸上ら3人に濃厚接触の疑いがあると判断された。

 戸上は同日の男子シングルス4回戦から出場予定だった。チームメートで前回優勝の宇田幸矢ら他の3選手は行動が別だったため出場を続ける。

 同選手権は大阪市で、感染拡大防止のため無観客で実施されている。

無断転載・複製を禁じます