昨年11月、時短営業の要請が始まり、明かりが消えた大阪・梅田の飲み屋街

 ビール大手4社の発泡酒や第三のビールを含むビール類の20年12月の販売実績が15日、出そろい、全社が前年同月比で減少した。新型コロナの感染「第3波」の影響で、業務用ビールの減速が強まった。例年は宴会需要が見込まれる月だがほぼ蒸発。家飲みの拡大で缶商品は堅調だが、業務用の不振をカバーしきれなかった。

 ビール類の販売数量は、キリンビールが4%減、サッポロビールが11%減、サントリービールが13%減。アサヒビールは売上金額ベースで16%減となった。

 キリンは「業務用に限ると、12月は11月より状況が厳しく、市場全体で5割ほど落ち込んだのではないか」と話した。

無断転載・複製を禁じます