【ニューヨーク共同】米グーグルは14日、ウエアラブル端末メーカー、米フィットビットの買収を完了したと発表した。フィットビットは運動量などを記録できる多様なモデルを展開。利用者数は2900万人超で、日本でも販売している。

 グーグルの支配力強化への懸念から調査を行ったEU欧州委員会が昨年12月に条件付きで承認。グーグルは、フィットビット利用者のデータを独立して保存し、広告に使わないと約束した。

 ただ、ロイター通信によると、昨年10月にグーグルを独占禁止法違反で提訴した米司法省のほか、豪州当局が買収を認めるかどうかの調査を続けているという。

無断転載・複製を禁じます