ワクチン接種記録のデジタル利用

 【ニューヨーク共同】マイクロソフトやオラクルといった米IT大手や医療機関、非営利団体の連合は14日、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種記録をスマートフォンで確認できる仕組みを開発していると発表した。職場や学校、イベント、旅行を再開する際などに利用されることを想定しており、世界標準となることを目指す。

 暗号化されたワクチンの接種情報をスマホなどの「デジタル財布」で保管する。スマホを持っていない人は、QRコードが印刷された紙を受け取れるようにするという。

無断転載・複製を禁じます