基本合意の文書を手に撮影に応じる、福井銀行の林正博頭取(左)と福邦銀行の渡辺健雄頭取=14日午後、福井市

 福井県を地盤とする福井銀行は14日、同県内の福邦銀行が実施する50億円の第三者割当増資を2021年度中に引き受けることで基本合意したと発表した。子会社化を念頭に協議を進める経営統合となる。2行の看板は維持する。低金利の長期化と人口減少で収益が細る厳しい経営環境の中、システム共通化など合理化で生き残りを目指す。

 地銀再編を看板政策に掲げる菅政権の発足後、実際に経営統合が決まるのは初めて。政府と日銀は地銀の経営統合に対し、それぞれ資金支援する異例の措置を打ち出している。生き残りを懸けた再編は他の地銀にも広がる可能性がある。

無断転載・複製を禁じます