【ニューヨーク共同】米オハイオ州立大の研究グループは13日、州内で新型コロナウイルスの新たな変異種を2種発見したと発表した。一方は英国型に類似しているが米国で変異したとみられ、もう一方は英国や南アフリカの型と別で、昨年12月からオハイオ州で流行し感染力が強まっている可能性があるという。

 グループは「現段階で、これらの変異種が現行のワクチンの効果に影響すると考えるだけのデータはない」としている。

 英国型と類似した変異種は患者1人から発見され、どれだけ拡散しているかは不明。もう一方は州都コロンバスで広がっているという。

無断転載・複製を禁じます