【ワシントン共同】米国土安全保障省傘下の税関・国境警備局(CBP)は13日、中国新疆ウイグル自治区で生産された綿製品とトマトの輸入を禁止すると発表した。中国による少数民族への強制労働を理由に挙げ、トランプ政権は中国への強硬姿勢を一段と強めた。

 ウイグル自治区は綿の産地で、ロイター通信によると世界シェアの2割程度を占めるという。

 人権問題を巡っては、英国がウイグル自治区と関連のある製品をサプライチェーン(部品の調達・供給網)から排除する規制強化に踏み切ると発表。バイデン次期米政権も厳しく対処する方針を示している。

無断転載・複製を禁じます