【カイロ共同】シリア人権監視団(英国)によると、シリア東部デリゾール近郊やアブカマル近郊で12日夜から13日にかけ、イスラム教シーア派組織ヒズボラや親イラン民兵組織を標的とした空爆があり、57人が死亡した。同監視団は、イスラエルがシリアで実施した空爆で過去最悪規模の死者数だとしている。

 シリアの国営通信もデリゾール近郊などで13日、イスラエルによる攻撃があったと伝えた。

 シリア内戦ではアサド政権をイランが軍事支援。警戒するイスラエルによるとみられる空爆がシリア国内でたびたび実施されている。

無断転載・複製を禁じます