熊本県は13日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、県独自の緊急事態宣言を出すと発表した。期間は14日から2月7日まで。全ての飲食店に今月18日から、午後8時までの営業時間短縮を要請する。

 蒲島郁夫知事は県庁で記者会見し、西村康稔経済再生担当相と12日に電話で会談し、政府の宣言の対象地域に含めるよう求めたが実現しなかったため、独自の対応に踏み切ったと明かした。

 県の宣言では、県民に不要不急の外出自粛を要請。飲食店には時短に加え、酒類の提供を午前11時~午後7時とするよう求める。

無断転載・複製を禁じます