文部科学省は13日までに、公立小中高校の教員が情報通信技術(ICT)を活用した授業方法を学ぶ研修を受講しやすくするため、勤務校にいたまま受けられるオンライン方式を4月から拡充すると決めた。研修動画の作成を手助けする専門家を各地の教育委員会に派遣するほか、文科省も独自の教材を提供する。2021年度当初予算案に約4億円を計上した。

 新型コロナウイルスの感染拡大が続き、再び休校する事態になってもオンライン授業で子どもの学習機会を保障する対策が急務。全国の小中学生に1人1台のパソコン配備が3月末までにほぼ完了する見通しとなり、教員のさらなる指導力向上に取り組む。

無断転載・複製を禁じます