記者会見する加藤官房長官=13日午前、首相官邸

 加藤勝信官房長官は13日の記者会見で、東京五輪・パラリンピックの今夏開催へ準備を続ける考えを強調した。新型コロナウイルスの世界的流行を踏まえ、再延期や中止を想定した検討を行っているか問われ「競技スケジュールや会場が決定され、関係者が一生懸命対応されている。新型コロナ対策を万全にし、準備を進めたい」と述べた。

 菅義偉首相とマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏の12日の電話会談で東京五輪が話題に上った際、首相は「必ずやりきる」とは発言していないとも指摘した。首相の発言は、同席した新浪剛史サントリーホールディングス社長が会談後、記者団に明らかにしていた。

無断転載・複製を禁じます