新型コロナウイルス感染症対策を助言する専門家組織の会合後、記者会見する座長の脇田隆字国立感染症研究所長(右)ら=13日午前、厚労省

 政府が緊急事態宣言の対象地域拡大を決定するのを前に、厚生労働省に新型コロナウイルス感染症対策を助言する専門家組織は13日、国内各地の感染状況を分析する会合を開き、保健所や医療機関の職員が相当疲弊していて「通常であれば受けられる医療を受けられない事態が生じ始めている」との分析結果をまとめた。

 直近の1週間に報告された新たな感染者数は約4万5千人。その前の1週間より約2万人増えており、年明け以降、増加のペースが上がっている。

 首都圏だけでなく中京圏、関西圏、北関東、九州でも感染者が急増。首都圏の感染拡大の影響で隣接する栃木で特に感染者が増えている。

無断転載・複製を禁じます