関東ラグビー協会は13日、トップリーグ(TL)下部のトップチャレンジリーグで17日の開幕日に行われる予定だった中国電力―豊田自動織機(福岡・ベスト電器スタジアム)を中止すると発表した。豊田自動織機の選手8人が新型コロナウイルスに感染し、チームが出場見合わせを申し出た。

 豊田自動織機のホームページによると8人の体調に異常はない。中止に伴い、両チームに勝ち点2が与えられる。17日の同会場での九州電力―コカ・コーラは実施する。

 TLでもチームに感染者が多数出たことにより、開幕節の2試合中止が決まっている。

無断転載・複製を禁じます