喜びを語る江尻代表理事(右から2人目)と中西代表(同3人目)=南砺市役所

 南砺市の「moribio森の暮らし研究所」の江尻美佐子代表理事(51)と、同市利賀村坂上の民宿「中の屋」の中西●康代表(●は手ヘンの邦)(79)は12日、市役所に田中幹夫市長を訪ね、北陸農政局から「ディスカバー農山漁村の宝」に選定された喜びを伝えた。

 研究所は、南砺市利賀地域で「TOGA森の暮らし塾」を運営している。江尻代表理事は、利賀から1団体1個人が選定されたことに「利賀が良い地域だと、あらためて認識できた。今後も地域資源の活用を、みんなで考えていきたい」と話した。

 中西代表は「これまで取り組んできた農業、民宿、どぶろく造りをさらに発展させ、利賀の魅力を発信したい」と意欲を語った。

無断転載・複製を禁じます