灯籠の文字を発表する「1・17のつどい」実行委員会の藤本真一さん=12日午後、神戸市中央区

 1995年の阪神大震災の犠牲者を追悼するため、神戸市中央区の公園「東遊園地」で毎年開かれる「1・17のつどい」実行委員会は12日、会場に灯籠を並べて作る今年の文字が「がんばろう 1・17」に決まったと発表した。

 兵庫県では新型コロナウイルス特別措置法に基づく政府の緊急事態宣言が再発令される見通しだが、実行委はつどいを開催すると決めた。前日の16日から灯籠の火をともし、訪れる時間帯を分けてもらいたい考え。

 文字は実行委が公募し、46件の応募から選んだ。例年は4文字までだが、5文字にすることで灯籠の周囲に集まる人数を分散させる意図もあるという。

無断転載・複製を禁じます