米大学フットボールの全米王座決定戦でパスを投げるアラバマ大のQBジョーンズ=マイアミガーデンズ(AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】米大学フットボールの全米王座決定戦は11日、フロリダ州マイアミガーデンズで行われ、ランキング1位のアラバマ大が同3位のオハイオ州立大に52―24で快勝し、3季ぶりの優勝を果たした。

 アラバマ大は今季の年間最優秀選手賞、ハイズマン・トロフィーに輝いたWRスミスが前半、12度のパスレシーブで計215ヤード、3TDをマークする活躍を見せて35―17で折り返した。後半にスミスが負傷交代したが、着実にリードを広げた。QBジョーンズはパスで5TD、計464ヤードを獲得した。

 スミスは「チームが一つになれた。信じられない」と喜んだ。

無断転載・複製を禁じます