職員に向け年頭のあいさつを行う東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長=12日午前、東京都中央区(代表撮影)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が12日、職員に年頭のあいさつを行った。新型コロナウイルスは国内外で厳しい感染状況が続くが、延期された大会の開催に向けて「もし心の中に多少でも迷いがあれば、全てに影響してくる。淡々と予定通り進めていく」と改めて決意を表明。「長い夜も必ず朝は来る。一丸となってこの最大の難関を突破するよう頑張りましょう」と呼び掛けた。

 武藤敏郎事務総長は「大会がどうなるのか、という問いを発するのではなく、このような状況でどうすれば大会を開催することができるのかを考えるのがわれわれの使命だ」と語った。

無断転載・複製を禁じます