北朝鮮の朝鮮労働党大会が開いた軍事部門の協議会=11日、平壌(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、朝鮮労働党大会が7日目の11日、部門別の協議会を開いたと伝えた。軍事分野では、国防工業を飛躍的に強化するための「雄大な構想」実現に向けた対策が話し合われた。

 党総書記に選出された最高指導者、金正恩氏を除く党政治局常務委員4人が部門別協議会を指導した。朝鮮中央通信によると、党書記らは11日、党や軍の功労者らの宿所を訪れ、党大会記念行事への招待状を渡した。党大会の閉会日は不明。

 韓国軍は11日、北朝鮮が10日夜に軍事パレードを実施した動きが確認されたと明らかにした。予行演習だった可能性もあり、分析を進めている。

無断転載・複製を禁じます