初めて成人式の式典が開かれた花園ラグビー場=11日、大阪府東大阪市

 大阪府東大阪市は11日、同市の花園ラグビー場で初めて成人式の式典を開いた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年の屋内施設から変更。全国高校ラグビー大会が開かれる「聖地」のスタンドに色とりどりの振り袖姿やスーツ姿の新成人が集い、マスク越しに再会を喜んだ。

 検温や消毒を済ませた参加者約2400人は、3密(密閉、密集、密接)を避けるため、屋外のスタンドに1席ずつ空けて着席した。

 花園で試合経験があり、中学のラグビー部仲間と参加した男子専門学校生(20)は「延期もあるかと考えていたが、開催されてよかった。観客席側から見るのもいい」と笑顔で話した。

無断転載・複製を禁じます